フラッターベイツの株式会社アグア

IGAIL-イガイル / イガイル・ミニ-

クロダイゲームに新たな旋風を巻き起こす!
超リアルなイガイ型ワームがクロダイゲームの歴史を変える!
人気ターゲットのシーバスに続き今や全国各地で注目のターゲットとなったクロダイ(チヌ)は、年々フィッシングスタイルを広げており、Mリグに代表されるショアからのキャスティングゲームや湾内のストラクチャーに付くクロダイをボートから狙うベイクロダイゲームなど、様々な釣り方で楽しめることで非常に人気が高まっています。そんな折、先行発売されたオリジナルサイズのイガイ型ルアー『IGAIL/イガイル』は2006年の発売以降もその実力を発揮しており、今もなおボートクロダイゲームや港湾部の落し込みで高い実績を誇っています。しかしイガイル発売以降より多くのアングラーから強い要望の声が寄せられた小さめのイガイル発売を求める声に答えて、スモールサイズの『イガイルMini』もラインナップしました!アングラーの想像以上に貝のサイズを選んで捕食するクロダイには一口サイズの『イガイルMini』が時と場合によって非常に高い効果を発揮し、従来のオリジナルサイズと使い分ける事で今まで手にする事が出来なかった狡猾な大型クロダイにも口を使わせる事が可能となります。クロダイゲームで絶大な威力を発揮するイガイル&イガイルMiniを是非一度お試し下さい!!


スペック
IGAILスペック
IGAILminiスペック
イガイの比重を完全再現 フッキング効率UPの秘密 多彩なフックセットも可能
イガイの比重を完全再現 フッキング効率UPの秘密 多彩なフックセットも可能
神経質なクロダイが違和感を感じないよう、イガイの比重に合わせたソルト配合でフォールスピードを調整 特殊な張り合わせボディに加え、絶妙な寸法で入れられたスリットの効果で目立つフックも自然に隠す 針持ちの良いマテリアルを採用し、本物のイガイでは不可能なフッキングを重視したセッティングも可能


フックセット方法
IGAILは針持ちの良いワームマテリアルですので、使用方法に応じた様々なフックセット方法が可能です。クロダイの食い気やその日の当たり棚に合わせた効果的なリグをお選び下さい!ここでは基本的なフックセット方法について解説しますのでご参考下さい。
ノーシンカーリグ ジグヘッドリグ バックスライドリグ
ノーシンカーリグ ジグヘッドリグ バックスライドリグ
IGAILの自重を活かしたノーシンカーリグでは、狙う障害物に応じてフックポイントを重要視したフックセットが基本。また潮の流れによってシャンクにコイルオモリを巻き、フォールスピードを調整するのも効果的
★オリジナルサイズ推奨
アタリの出る棚が深い場合やショートバイトで悩まされる場合には、フッキングを最重視したジグヘッドリグがオススメ。この時クロダイの強烈なバイトにも負けない太軸でフックポイントの鋭い物を使用するのが基本!! 着水地点からよりストラクチャーの奥や裏側を攻めるなら、IGAILの扁平ボディを活かしたバックスライドリグがオススメです。軽めのネイルシンカーをボディ先端に刺せば予想以上にスライドフォールします!!


使用方法
フリーフォール
狙ったストラクチャーにIGAILをキャストして、出来るだけ障害物から離れない様にラインをコントロールしながらフリーフォールさせます。イガイが自然にストラクチャーから剥がれ落ち、水中を漂いながらナチュラルにフォールする姿を演出します。
図1
バックスライドフォール
IGAILの先側にネイルシンカーやガン玉を入れれば重心が前寄りになり、着水と同時に軽くラインを張ってやればバックスライドしながらのフォーリングが可能です!!他のアングラーからは狙われ難い橋桁の奥や裏側などを攻略する事が可能となります。
図2


フィールドテスト段階から大型クロダイを多数キャッチ!
東京湾でのベイクロダイゲームのパイオニアと言えるアイランドクルーズ・フィッシングクラブの遠藤正明キャプテンと、ボートクロダイの落とし込み「舟黒」の船長を務める池田暁彦さんにIGAILのフィールドテストを依頼!!その結果は・・・45cmクラスから50cmオーバーまで良型のクロダイを多数キャッチし、IGAILの実力が発揮される結果となりました!!本格的な落とし込みシーズンには是非イガイル&イガイルMiniの威力を体験して下さい!!
遠藤正明キャプテン
こんなルアーがあれば良いのに・・と思っていました
アイランドクルーズフィッシングクラブ 遠藤正明キャプテン
今回テストを行ったIGAILは、正にクロダイの落し込み専用に作られたもので、以前から「こんなルアーがあれば良いのに・・」と思い続けていた物。6月に入って東京湾も潮の濁りが強くなり、本物のイガイに反応が良くなって来た。そして私がキャストするIGAILでもピンポイントで狙った場所でラインが一瞬止まり、バイトを感じでしっかりフッキングすると、今年、私の釣ったクロダイの中では最大魚52.5cmをIGAILで仕留める事に成功しました。
詳しいインプレを読む

池田暁彦船長
潮色に合わせたアプローチが出来ますね
舟黒 池田暁彦船長
今回このIGAILを見た第一印象は、カラーバリエーションが有る事から潮色に合わせたアプローチが出来ると思いました。これから本番を迎える夏頃に東京湾で発生する赤茶色の濁りの時は、エサを使う時ならタンクガニが良い事が多いので、#005スイカスペシャルなど本来のエサには無いアピール系の色が有効になると思います。残りの3色(#001グリーンシェル、#002ゴールドシェル、#003パープルシェル)はナチュラルカラーなので、クロダイシーズンを通して揃えておきたい色ですね。

クロダイ写真1 クロダイ写真2
クロダイ写真3 クロダイ写真4
Special Thanks 東京湾のベイ・クロダイゲームを満喫するならこちら!!
アイランドクルーズフィッシングクラブ アイランドクルーズフィッシングクラブ
横浜市中区新山下3-6-19 YCC1F
TEL:090-1120-1100 HP:http://www.netlaputa.ne.jp/~icfc/
横浜を拠点に東京湾でのガイドサービスを行うアイランドクルーズ・フィッシングクラブでは、ボートシーバスのガイドサービスを始め、オフショアでのジギングゲームなどの他に、リクエストによってはボートクロダイゲームもサポートしています。代表の遠藤正明さんは、エアマーク、スタジオ・オーシャンマークからサポートを受ける凄腕ガイドです!!
船黒 舟黒(ボートクロダイ落とし込み専用)
横浜市中区新山下3-6-19 YCC1F
TEL: 090-1120-1100(遠藤) HP:http://www.funekuro.com/
東京湾で唯一のボートクロダイ専門ガイド船で船長を務める池田暁彦さんは、クロダイ落とし込み歴30年のベテランで、2004年春より本格的なガイドサービスをスタート!シーズン毎に東京湾の最も熱いエリアを熟知した池田さんのガイドサービスには定評が有り、数多くのリピーターが通い詰める人気のガイドサービスです!


カラーチャート
IGAILには本物のミドリイガイやムラサキイガイをベースにしたカラーや、特定の条件下で圧倒的な釣果を発揮するカラーを取り揃えております。釣行シーズンや潮の状態などによって各カラーを使い分けるのが釣果UPの秘訣です。
#001 グリーンシェル
#001(mini #101) グリーンシェル
元来日本に生息していなかった東南アジア原産のミドリイガイですが、その生息域は温暖な海域を中心に年々増えつつあります。夏から秋口にかけてミドリイガイが繁殖の最盛期を迎えるシーズンの必需品。
#002 ゴールドシェル
#002(mini #102) ゴールドシェル
細かな金ラメの入ったやや控えめのゴールドカラーが縁に配色されたこのカラーは水中でもしっかりとしたコントラストを生み、潮が濁り気味の状態でも派手過ぎず、かと言って地味過ぎ無い存在感のあるカラーです。
#003 パープルシェル
#003(mini #103) パープルシェル
日本各地に生息し、晩春から夏場にかけて繁殖が最盛期を迎えるムラサキイガイ(別名:カラス貝)のカラーリングを忠実に表現。オールラウンドに活躍するIGAILの中でも定番のカラーです。
#005 スイカシェル
#005(mini #105) スイカシェル
エサ釣りのクロダイゲームでも定番のスイカをイメージしたスペシャルカラー。夏場近くになると赤い色にクロダイが強く反応する事は有名な話。持っていて損は無い爆発力を秘めたカラーです。
この商品の購入はこちらから